おいしい!おしゃれ!ヘルシー!
スムージーでHappy♥Life

食べられる花粉!?ビーポーレンとは?

ビーポーレン

ビーポーレンというスーパーフードがあるのは知っていますか?まだあまり知られていないのですが、これから注目されていくと期待されているスーパーフードです。どのような効果があるのか、ご紹介していきます。

ビーポーレンとは

ビーポーレンは、ミツバチの集めてきた花粉がミツバチの分泌する酵素によって丸まり、団子のように練り固められているようなものです。もともとは花粉からできています。

世界の各地で採取されるのですが、主に産地として知られているのはスペインです。アレルギー性が低くて、白い花であるシスタスから作られることが多いです。

世界的に有名なヴィクトリア・ベッカムは、すでに2014年にビーポーレンに大注目。ビーポーレンを摂っているとのことです。

実は海外では、人間にとってのスーパーフードとしてだけではなく、競走馬にもビーポーレンを食べさせているほど。これからますます期待できるでしょう。

ビーポーレンの栄養価

ビーポーレンの気になる栄養価として、特徴的なのは生きている酵素を100種類以上も含んでいるところです。酵素は人間が生命を維持して、健康的な生活をするために欠かせないということは多く知られていますが、その酵素をいかに効率よく、生きたまま摂取できるかが重要な課題です。

ビーポーレンで100種類以上の酵素を生きたままで摂取できるので、エイジングケアや免疫アップ、抗酸化作用なども期待できるでしょう。

また、たんぱく質・食物繊維・ビタミンといった栄養素も多く含んでいます。たんぱく質は鶏のもも肉のおよそ100g分、食物繊維はオートミール100g分、それ以外にもビタミンB2は生卵4個分、ビタミンB6はバナナ1本分など、たくさんの栄養が補えます。

その中でもたんぱく質は、含有率が40%以上。筋肉・血液・肌を作るためには欠かせないだけに、たんぱく質を多く含んでいるスーパーフードは、キレイになりたいと願う人には必須です。

ビーポーレンの美容効果

実際に、ある大学で女性の学生を対象として、ビーポーレンパウダーを配合したゼリーを1か月ほど投与したところ、体重が減少したという効果が見られました。

それ以外にも、生理によるダルさや腰の重みに対しての症状が緩和した、便秘の改善が見られたなど、様々な研究が行われ、結果が出ています。

ビーポーレンを摂取するときの注意点

ミツバチが運んできた花粉を口にすることになるので、アレルギー体質がある場合は、気を付けなくてはいけません。日本人によくあるイネ科・スギ科といったアレルギーだけなら問題はないのですが、それ以外の花粉にアレルギーがある体質の人は、摂取することができません。バラ科やキク科のアレルギーがある人は要注意です。

アレルギーには注意しながら、食べられる花粉を毎日の生活に摂り入れてみましょう。

スムージー以外のおすすめの摂り方

ビーポーレンは団子状になっているようなものだけではなく、それを粉状にしたタイプもあります。どちらも味はほとんど変わらず、ちょっとした優しい甘みと、独特の苦みを感じます。

味は好みがあるかもしれませんが、食べやすいと感じる人も多いです。スーパーフードの中には味があまりしないもの、味があまりおいしくないものなど、ちょっと特別なものが多いです。その中でも食べやすいとなれば、毎日の食事に摂り入れやすいのではないでしょうか。

パンケーキやドレッシング、パスタなどにかけて楽しむことができるでしょう。

ただし、最もいいのはシンプルな摂り方ですね。サラダやヨーグルトなどへのトッピングであれば、とてもシンプルにビーポーレンを補うことができます。

ごまのように振りかけるだけでOK。ビーポーレンの優しい味わいが楽しめるはずです。

サイトTOPへ!

Page Top

Page Top

飲み比べ結果1位の
粉末スムージーを見る