おいしい!おしゃれ!ヘルシー!
スムージーでHappy♥Life

スーパーフードとスムージーでインナービューティーをアップ!

スムージーTOP » いつものスムージーに加えるだけ!スーパーフードの魅力

いまさら聞けない
スーパーフードとは

スーパーフードという言葉が生まれたのは、1080年代頃。
アメリカ・カナダなどの専門家の間で言われるようになりましたが、一般的に広まるようになったのは、2000年代を過ぎてからです。

ミランダ・カーがブームの火付け役とされており、様々なセレブが積極的に取り入れていることで、さらに注目されました。アサイ―やココナッツオイルなど、日本でもすっかりメジャーなものもありますね。

スーパーフードの定義は、「栄養分が豊富に含まれている」「低カロリーである」「抗酸化作用がある」「老化予防になる」「生活習慣病の予防になる」などです。特定の食品を指すのではなく、サプリメントと食品の間のような位置づけのものが多いです。

今では世界中でスーパーフードがブームとなっており、すでに有名なスーパーフードもあれば、これから人気が高まっていくような、まだまだ多くの人には知られていないスーパーフードもたくさんあります。今回はスムージーに最適なスーパーフードをご紹介します。

  • チアシード

    チアシードはメキシコなどの南米で栽培されています。果実ではなく種の部分をチアシードとしており、チアは強さ・力という意味、そしてシードは種という意味を持ちます。

    日本語に訳すと、強さの種、という意味を持ちます。チアシードと水があれば、人は生命維持ができる…と言われているほど、栄養価が優れているというスーパーフードです。

    無味無臭のスーパーフードで、栄養として多いのは食物繊維・αリノレン酸、アミノ酸です。グルコマンナンと呼ばれる食物繊維は水溶性で、便秘予防や腸内環境の乱れをリセットするためにも役立ってくれるでしょう。

    見た目はまるで黒ごまみたいなのですが、水を加えてしばらくすると膨らみます。その大きさはなんと、8倍から10倍にもなるのだとか。膨らんだチアシードのおかげで、少量でも満腹を感じられて、ダイエットにも役立ちます。

    さらにもう1つ注目したいのが、オメガ3系脂肪酸です。魚に多く含まれる成分ですが、魚を口にすることが減った今では不足しがち。魚が食べられない時も、チアシードがあれば安心です。

  • キヌア

    キヌアはペルー・ボリビアなどで生産されている雑穀の1種です。標高が2500mもある寒冷地を原産としているため、生き抜くために豊富な栄養を含んでいます。

    日本人が主食とする白米と比べ、たんぱく質は2倍、食物繊維は8倍、そしてカルシウムまで6倍。栄養面ではとても優れているスーパーフードと言えます。

    気になる糖質は白米の約半分。血糖値を急激に上げないので、糖質カットをしたい人にもおすすめ!

    栄養素はそれだけではなく、キヌアにはビタミンB2・ビタミンB6もたっぷりと含まれています。そのため、生理前に乱れるホルモンバランスも整えてくれ、生理痛や月経前症候群(PMS)の症状を和らげる働きも期待できます。

    さらに必須アミノ酸も豊富。リシン・メチオニン・イソロイシンなどが含まれます。見た目はキビ・アワのようなのですが、かなり栄養価は高いです。

  • カムカム

    南米ペルー産のベリー系フルーツであり、見た目はさくらんぼに似ていますが、栄養価がとても高く、特にビタミンCの含有量はレモンの50~60倍と言われています。

    ビタミンCにはしわやたるみ、シミ、くすみなどのエイジングサインをケアするはたらきのほか、高血圧を予防して動脈硬化のリスクを下げる効果が期待できるため、生活習慣病予防にも役立てることができます。

    また、消化を促進する作用もあることから、ダイエットや便秘の解消にも役立ちますよ。

    カムカムの果実はペルーの政策により海外への輸出入は禁じられているのですが、果汁を加工してパウダー状にしたものは日本でも手に入れることができます。

    スムージーの原料として活用するのはもちろん、ドレッシングやミックスジュース、カクテルなどにも使えるので、日常生活に取り入れやすいところが魅力となっています。

  • カカオ

    チョコレートやココアの原料として知られるカカオには、ポリフェノールや食物繊維、テオブロミンなどさまざまな栄養素が含まれています。

    ポリフェノールには老化のもとになる活性酸素を除去するはたらきがあり、しわやたるみなどのエイジングサインをケアしたり、動脈硬化の予防に役立つなど、幅広い効果が期待されています。

    テオブロミンには脂肪の蓄積を抑える作用があることから、ダイエットにぴったり。しかも食物繊維の含有量も豊富なので、お通じも良くなると評判です。

    チョコレート=肥満のもとと思われがちですが、砂糖が入っていない高カカオ食品はむしろ肥満予防にうってつけなので、積極的に摂取したいところですね。

    ただ、カカオには脂肪分が多いので、過剰摂取は禁物。スムージーにして飲んだり、料理やスイーツ作りに活用すれば無理なく生活に取り込むことができるでしょう。

  • ビーポーレン

    あまり聞きなれないスーパーフードですが、ミツバチが集めてきた花粉を団子状に固めたものです。固めるのはミツバチで、自らの酵素を使って固めます。美容で注目されているローヤルゼリーとなる成分なので、栄養価はとても高いです。た だし、ミツバチが集めて固めた成分だけに、ちょっとだけ甘味があり、ほろ苦さもあります。独特な味といえるでしょう。

    ビタミンB群が特に豊富なので、糖質や脂質の代謝を促してくれるのと同時に、低カロリーだから、ダイエットサポートにも最適。たんぱく質も豊富だから、筋肉を作るためにも役立ちます!

    含まれている栄養素は紹介した以外にもたくさんあり、その数はなんと100種類以上。体調を崩しやすい季節の変わり目でも、積極的に摂取したいものです。実は滋養強壮にも効果があるとされているため、パートナーの健康維持にも期待できるでしょう。

  • スピルリナ

    藻の仲間であり、なんと世界最古の植物とされているスピルリナ。植物と動物両方の性質を持っているのですが、植物にはある細胞壁がないので、栄養が吸収しやすいものです。

    アミノ酸・ビタミン・ミネラルなど、人間が生きていくために必要な栄養素に加え、食物繊維、βカロテン、ビタミンB・Eなどもバランスよく含まれています。

  • ブロッコリースプラウト

    ブロッコリースプラウトは1997年にアメリカの大学で胃がん予防に効果的であることが立証されて以降、スーパーフードとして瞬く間に人気を集めた食材です。

    特に注目されているのはスルフォラファンと呼ばれる成分で、老化や生活習慣病のもととなる活性酸素を除去するはたらきがあることから健康・美容の両分野で幅広く活用されるようになりました。

    日本では1999年に発売されて以来、現在では食品スーパーなどでも普及されていて、手軽に入手できるところも魅力のひとつになっています。

    グリーンスムージーの食材として使うのはもちろん、そのままサラダの材料にしたり、料理に添えたりして簡単に食べられるので毎日の習慣にしやすいところも人気の秘密です。

    ただ、熱を加えると栄養が損なわれてしまうので要注意ですよ。また、細胞壁をしっかり壊すことでより高い健康・美容効果を実感できるようになるので、スムージーのように細かく粉砕して摂取するのが最も効率のよい方法と言えるでしょう。

サイトTOPへ!

Page Top

Page Top

飲み比べ結果1位の
粉末スムージーを見る