おいしい!おしゃれ!ヘルシー!
スムージーでHappy♥Life

ダイエットスムージーに含まれている酵素とは

スムージーTOP » スムージーダイエットのホントを教えて! » ダイエットスムージーに含まれている酵素とは

酵素が含まれている
ダイエットスムージーは効果が高いの?

酵素が入っているスムージーのダイエットへの効果を調べました。酵素の働きや効果を詳しくチェックして、酵素入りスムージーの効果を理解しましょう。また、酵素が摂れるおすすめのスムージーも紹介します。

酵素とは?

酵素は、体の成長や活動を支え、生命活動に欠かせないものです。人間の体内にはたくさんの酵素が働いています。特に注目したいのは、胃腸で働く酵素です。胃や腸では酵素が食べ物の消化吸収を助け、さらに代謝を促しています。

3種類の酵素の関係

酵素には消化酵素、代謝酵素、食物酵素の3種類があります。消化酵素は食べ物の消化吸収を促進し、代謝酵素は細胞の再生を促しますが、消化に負担がかかると不足しがちに。食物酵素は生野菜などに含まれる酵素。多く摂取することで消化を助けます。

酵素は食品から摂取できる

体内でも合成される酵素ですが、食べ物からも食物酵素を摂取できます。食物酵素は、主に新鮮な野菜や果物から摂取でき、また発酵食品にも豊富です。ただ熱に弱く48度以上で壊れるため、調理方法には注意が必要です。

酵素ドリンクも置き換えダイエットに使われる

酵素は代謝もアップしてくれるため、ダイエットにもぴったり。消化の働きで酵素をたくさん使うと、代謝の働きが減るため、代謝アップのためにも酵素を取り入れましょう。酵素の摂取にはスムージーだけでなく、酵素ドリンクが使われることもあります。

酵素ドリンクとスムージーではどちらがダイエットに効く?

酵素ドリンクやスムージーは、どちらも置き換えダイエットとして使われることが多いもの。しかしダイエット効果には差が出る可能性があります。酵素は糖を発酵させて作られることもあるため、酵素ドリンクは糖分が多くなりがちです。また、サラサラのドリンクなのでごくごく飲みほしてしまい、満腹感が低いと感じるかも知れません。スムージーであればとろみや食物繊維によって腹持ちも良くなっており、1杯でも満足感が高くなります。

スムージー×酵素の相乗効果

満腹感と酵素のパワーを両立

スムージーで酵素を摂取できれば、満腹感も味わえて、酵素のパワーもしっかりと得られそうです。酵素は消化と代謝に使われるもの。消化に使われ過ぎると代謝のスピードが鈍くなり、痩せにくくなってしまいます。たっぷりと酵素を代謝に回して、さらにカロリー低めのスムージーで空腹を緩和できれば、ダイエットも相乗効果が期待できそうです。

便通改善と代謝アップでスッキリ

スムージーには野菜やフルーツがそのまま使われており、食物繊維の効果も期待できます。食物繊維は腸の働きを促進して、便通を良くする成分です。酵素の消化力も、腸の老廃物を排出しやすくしてくれて、身体の中がすっきりきれいになるでしょう。また、酵素は老化の原因でもある活性酸素を無害化する働きも持っており、免疫力を高めて痩せやすくする効果もあるとされています。

酵素を含むおすすめダイエットスムージー

マイブレイクレッドスムージー

特徴

マイブレイクレッドスムージーは、文字通り、赤い食材を集めて作られたスムージーです。イチゴやトマト、アサイー、ニンジン、リンゴ、アセロラなど、赤い野菜や果物がふんだんに使われています。また、注目のチアシードや腸のコンディションを整える乳酸菌など、ダイエットサポートやデトックス成分も豊富です。代謝を促す酵素は、食物発酵エキス、野菜や大豆、海藻、玄米など230種類もの豊富な成分で構成されています。

価格

初回:980円
定期便:4,980円

原材料

おからパウダー(大豆を含む),サイリウム種皮,チアシード粉末,グルコマンナン, ココナッツオイル,植物発酵エキス末(キウイフルーツ,オレンジ,リンゴ,バナナ, 大豆,山芋,モモ,ゴマ,カシューナッツを含む), 殺菌乳酸菌末(乳を含む),穀物発酵エキス末(小麦を含む), アカシア食物繊維,トマト粉末,アサイー粉末,トマト抽出物/ ソルビトール,増粘多糖類,香料,クエン酸,リン酸カルシウム, ベニコウジ色素,甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物,アセスルファムK), βカロテン,ビタミンC,ビタミンE,ナイアシン,パントテン酸カルシウム,ビタミンB1, ビタミンB6,ビタミンB2,ビタミンA,葉酸,ビタミンD,ビタミンB12

口コミ

  • 冷たい牛乳などに混ぜて飲んでいます。溶けるのも早く、簡単に飲めるので、忙しい朝にも重宝しています。体にも美容にも良い成分がたっぷりなのに、甘くてとってもおいしいです。ヨーグルトに混ぜても良さそうなので、いろいろアレンジしてみようと思います。
  • 飲み始めてからお通じが毎日続いていて、腸がスッキリした気がします。味はベリーでおいしく、ヨーグルトに混ぜるととろんとして食感も良かったです。チェック表があるので、それを使いながら毎日コンスタントに続けられています。1回分ずつに分かれているので、忙しいときは外出先に持って行って飲んでいます。

マイブレイクレッドスムージー
について詳しく見る

ナチュラルヘルシースタンダード

特徴

ナチュラルヘルシースタンダードのミネラル酵素スムージーは全部で4種類。好みで味を選んだり、飽きたらほかの味に変えたりと長続きしやすいスムージーです。4種類の食物繊維が満腹感を与えて、ダイエット中のつらさを緩和します。ビタミン12種類・ミネラル6種類に加えて、酵素スムージーの名前の通り、202種類もの野菜・果物から抽出された植物発酵エキス(酵素)を含んでいます。豊富な栄養素なのに、1杯あたり20kcal前後とヘルシーです。

価格

通常:2,138円
定期便:1,925円

原材料

【マンゴー味】イヌリン、大麦若葉末、果糖、マンゴーパウダー(マンゴーピューレ、マルトース、デキストリン)、サイリウムハスク末、油脂調整粉末(乳成分・大豆を含む)、グルコマンナン、エリスリトール、加工黒糖、アカシア食物繊維、抹茶、グレープフルーツ濃縮果汁末、銅含有酵母、亜鉛含有酵母、植物発酵エキス末(カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・バナナ・もも・やまいも・りんごを含む)/増粘剤(キサンタンガム)、香料、酸味料、塩化K、乳酸Ca、甘味料(ステビア)、V.C、レシチン、酸化Mg、抽出V.E、ナイアシン、ラカンカ抽出物、パントテン酸Ca、クエン酸鉄Na、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、ビオチン、V.D、V.B12
【豆乳抹茶味】イヌリン、果糖、豆乳パウダー(マルトース、豆乳(大豆を含む))、抹茶、サイリウムハスク末、油脂調整粉末(乳成分を含む)、グルコマンナン、加工黒糖、エリスリトール、アカシア食物繊維、銅含有酵母、亜鉛含有酵母、植物発酵エキス末(カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・バナナ・もも・やまいも・りんごを含む)/増粘剤(キサンタンガム)、香料、塩化K、乳酸Ca、甘味料(ステビア)、V.C、レシチン、酸化Mg、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、ラカンカ抽出物、クエン酸鉄Na、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、ビオチン、V.D、V.B12 【はちみつレモン味】イヌリン、大麦若葉末、果糖、レモン濃縮果汁末、サイリウムハスク末、油脂調整粉末(乳成分・大豆を含む)、はちみつパウダー、グルコマンナン、エリスリトール、加工黒糖、アカシア食物繊維、グレープフルーツ濃縮果汁末、抹茶、銅含有酵母、亜鉛含有酵母、植物発酵エキス末(カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・バナナ・もも・やまいも・りんごを含む)/増粘剤(キサンタンガム)、香料、酸味料、塩化K、乳酸Ca、V.C、甘味料(ステビア)、レシチン、酸化Mg、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、ラカンカ抽出物、クエン酸鉄Na、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、ビオチン、V.D、V.B12
【アサイーバナナ味】イヌリン、果糖、バナナパウダー、アサイーパウダー(マルトデキストリン、アサイー)、かんしょパウダー、バナナピューレ末(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、アサイーエキス末、サイリウムハスク末、油脂調整粉末(乳成分・大豆を含む)、加工黒糖、グレープフルーツ濃縮果汁末、グルコマンナン、エリスリトール、アカシア食物繊維、銅含有酵母、亜鉛含有酵母、植物発酵エキス末(カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・バナナ・もも・やまいも・りんごを含む)/増粘剤(キサンタンガム)、香料、酸味料、塩化K、乳酸Ca、甘味料(ステビア)、V.C、レシチン、酸化Mg、抽出V.E、ナイアシン、ラカンカ抽出物、パントテン酸Ca、クエン酸鉄Na、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、ビオチン、V.D、V.B12

口コミ

  • 私は朝の置き換えはつらいので、朝食ではなく、ランチの代わりにこちらのスムージーを取り入れています。酵素が入っているスムージーということで、その影響なのか、お通じが良くなってきましたし、体重も減ってきました。味もおいしく続けやすくて助かります。
  • 酵素ドリンクと迷った結果、味が豊富なこちらのスムージーにしました。初めて1週間程度ですが、ダイエット効果はすでに感じています。ちょっと痩せてきており、年齢とともに代謝が落ちていたのに驚きです。味はそれぞれにおいしく、水やヨーグルトなど、フレーバーに合わせて使い分けて楽しんでいます。

ナチュラルヘルシースタンダード
について詳しく見る

ベジエグリーン酵素スムージー

特徴

ベジエグリーン酵素スムージーは、高級美容成分のプラセンタ2,000mg、コラーゲン200mgが入っており、美しく痩せたい女性にうれしいスムージーとなっています。アップルマンゴー味で、野菜が苦手な人にもおいしく飲めるとろみと甘さが特徴です。また、1杯で1日分のビタミンを補給でき、ミネラルと酵素もたっぷり。酵素は、野菜や野草、果物、穀物、海藻など180種類の素材によって作られた成分が配合されています。

価格

2,036円

原材料

水溶性食物繊維、ブドウ糖、大麦若葉末、りんご果汁パウダー、バナナパウダー、ほうれん草末、野菜ミックスパウダー(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、南瓜、チンゲン菜、パセリ、ニンジン、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、トマト)、抹茶、コラーゲンペプチド、グルコマンナン、豚プラセンタ抽出物、野草発酵エキス末(オリゴ糖、砂糖、甜菜糖、よもぎ、うこん、黒砂糖、どくだみ、キダチアロエ、ハチミツ、高麗人参、その他)、植物発酵物乾燥粉末(デキストリン、黒糖、果実・野菜(オレンジ、パイナップル、バナナ、リンゴ、パパイア、グァバ、ニンジン、キウイフルーツ、その他)、野草エキス(パフィア、ローズマリー、カツアバ、紫イペ、キャッツクロー、その他)、穀物(玄米、インゲン豆、トウモロコシ、オーツ麦、大麦、エンドウ豆、カシューナッツ、黒ゴマ、キビ、大豆、ライ麦、その他)、海藻(わかめ、昆布、海苔)、ハチミツ)、植物発酵エキス(デキストリン、甜菜糖、黒砂糖、麦芽糖、よもぎ、うこん、どくだみ、キダチアロエ、高麗人参、ショウブ葉、オトギリ草、クマザサ、タンポポの根、霊芝、アマチャヅル、トチュウの葉、オオバコ、甘草、松葉、南天の葉、アマドコロ、ツユ草、ツルナ、マカ、トンカットアリ、ハブ草、ハト麦、スギナ、ビワ葉、羅漢果、クコの実、レンセンソウ、桃の葉、イチョウ葉、ニンドウ、イチジクの葉、ベニバナ、エゾウコギ、エンメイ草、モロヘイヤ、セッコツボク、アカメガシワ、クコの葉、柿の葉、カミツレ、カリン、紫蘇葉、桑の葉、メグスリの木、田七人参、キキョウの根、ナツメ、マタタビ、エビス草の種子、紅参、アガリクス、ルイボス、アムラの実、アザミ根、サラシア、キャッツクロー、梅、金柑、イチジク、ミカン、パイナップル、リンゴ、グレープ、メロン、レモン、グレープフルーツ、杏、トウガラシ、生姜、椎茸、ニンジン、玉ねぎ、パセリ、キャベツ、ごぼう、もやし、にんにく、昆布、ふのり、大豆、コリアンダー、ピーマン、山芋、ほうれん草、いんげん豆、百合の根、黒豆、アスパラガス、にら、せり、れんこん、きぐらけ、マンゴー、レイシ、パパイヤ、梨、バナナ、ビワ、グァバ、スターフルーツ、レンブ、パッションフルーツ、リュウガン、スイカズラ、ハイビスカス、こうぞりな、やまたばこ、抹茶)、パン酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、増粘多糖類、V.C、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、香料、V.E、ナイアシン、酸味料、パントテン酸Ca、V.B1、乳化剤、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12(原材料の一部に、ゼラチン、豚、バナナ、リンゴ、やまいも、オレンジ、キウイフルーツ、カシューナッツ、ゴマ、大豆を含む)

口コミ

  • 酵素もプラセンタやコラーゲンも摂れるため、こちらのスムージーを愛用中です。食物繊維も入っており、お腹もいっぱいになります。便通も良くなりましたし、ダイエットするなら一択です。さらに、栄養やおいしさ、腹持ちのために豆乳やチアシード、おからなどを入れてアレンジも楽しんでいます。
  • 適度な甘さがあって、フルーツヨーグルトのような風味ととろみがあるスムージーです。苦さや渋さなどは全くなく、おいしく頂いています。肉類や油ものなどの重めの食事をした後、胃が重く感じますが、スムージーを飲むと胃が軽くなる気がします。これは酵素のおかげかな、と。今後は水以外のアレンジも楽しんでみたいと思います。

ベジエグリーン酵素スムージー
について詳しく見る

酵素入りスムージーでの置き換えダイエット

朝の置き換えが基本

基本的にスムージーダイエットは、食事の置き換えとしてスムージーを取り入れるダイエット方法です。スムージーは、胃に何もない状態の方が栄養をより効果的に吸収できるため、空腹のタイミングで飲む方が良いと言われています。そのため、できれば朝食との置き換えが適した使い方です。朝は忙しいため、朝食の時間をのんびり取れないことも多いもの。そんなとき、溶かすだけの粉末スムージーは手軽に活用できます。ただし、朝でなくても効果は期待できるため、生活に合わせて夜にしても問題ありません。

毎日できるだけ続けて

スムージーダイエットを成功させるなら、継続することが基本となります。毎日少しでも、手作りでも粉末スムージーでも良いので、続けることが大切です。1日1~2ℓ飲むと良いと言われていますが、量にはこだわることなく、コンスタントに続けることを重視しましょう。しかし、毎日欠かさずにスムージーを手作りするのは時間も手間もかかり大変です。そのため、手作りにこだわることなく、手作りと粉末スムージーを交互に使ったり、粉末スムージーでたまにアレンジしたり、適度に手を抜きながら気軽に取り入れましょう。

サイトTOPへ!

Page Top

Page Top

飲み比べ結果1位の
粉末スムージーを見る