おいしい!おしゃれ!ヘルシー!
スムージーでHappy♥Life

トマトの効果|スムージーの素材

スムージーTOP » スムージーの効果 » レッドスムージーの材料 » トマトの効果|スムージーの素材

トマト

スムージーの素材としても優秀だった!身近な存在トマトはじつは栄養自慢の野菜

  • トマト

    トマト

    栄養成分表(100gあたり)

    • ビタミンC
      15mg
    • ビタミンE
      0.9mg
    • 葉酸
      22μg
    • カリウム
      210mg
    • カロテン
      540μg
    • カロリー
      18kcal
    • 旬の季節
      春~夏

    トマトは、野菜の代表格で、サラダにも含まれることの多い身近な野菜。しかも、じつはその栄養も満点で、トマトにはさまざまな栄養素を豊富に含んでいます。そのため、レッドスムージーの材料としても真っ赤なトマトはごはんの代わりとして、健康サポートのために大いに役立つ存在です。トマトの味や香りが苦手な人でも、スムージーであれば他の果物や野菜と組み合わせることで比較的飲みやすくすることができるのもメリットでしょう。トマトを使ったスムージーでおいしく美容や健康効果を高めましょう。

トマトを使ったスムージーレシピ

トマトとりんごのスムージー

材料

(1人分)

  • トマト
    1個
  • りんご
    1/4個
  • レモン果汁
    大さじ1/2

作り方

  1. りんごは芯と種を取り除き、皮付きのまま約1センチの厚さにカットします。
  2. トマトとりんご、レモン果汁をミキサーに入れて、攪拌したらできあがりです。トマトの代わりに無塩のトマトジュースを代用してもOK。

トマトとリンゴのヨーグルトスムージー

材料

(1人分)

  • トマト
    1/2個
  • りんご
    1/4個
  • プレーンヨーグルト
    100g
  • オリゴ糖
    小さじ2
  • レモン汁
    小さじ1/2

作り方

  1. トマトとりんごは皮がついたままでりんごの芯だけ取り除き、適当な大きさにカットしておきます。
  2. ミキサーに全ての材料を入れて、攪拌したら出来上がりです。りんごの代わりににんじん25g程度を入れて作るのもおすすめ。

トマトとパプリカの抗酸化スムージー

材料

(1人分)

  • トマト(高リコピントマト)
    1個 (100g)
  • 赤パプリカ
    1/4個
  • 1/4カップ
  • レモン汁
    大さじ1/2

作り方

  1. トマトとパプリカはあらかじめ、ザク切りにカットしておきます。
  2. カットした野菜と材料全てをボウルに入れたら、ハンドミキサーでなめらかになるまで攪拌して仕上げます。ミキサーにかけても手軽に作れます。

おいしさのポイント

トマトは高リコピントマトを使うとさらに効果的。体内の酸化を予防しアンチエイジング効果も期待できます。普通のトマトなら赤くなったものを選びましょう。


トマトとラズベリーのレッドスムージー

材料

(1人分)

  • トマト
    1個
  • ラズベリー
    60g
  • 水30ml
    30ml
  • 砂糖(お好みで)

作り方

  1. トマトはあらかじめ適当な大きさにカットします。
  2. トマトとラズベリー、水、砂糖をミキサーに入れて攪拌し、混ざればできあがりです。砂糖は好みの甘さになるよう調節して。

おいしさのポイント

トマトのリコピン、ラズベリーのアントシアニンには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できるスムージーです。ラズベリーは冷凍のものを使うとフローズンデザートのような味わいを楽しめます。


冷凍トマトとみかんのフローズンスムージー

材料

(1人分)

  • みかん
    1個
  • 冷凍トマト
    1個
  • 80ml
  • レモン汁、はちみつ(お好みで)

作り方

  1. みかんは外皮だけをむき、材料を全てミキサーへ投入。
  2. ミキサーで攪拌し、全体的になめらかになったらできあがりです。

おいしさのポイント

トマトのリノール酸には脂肪燃焼効果が期待でき、みかんは食物繊維が豊富。ダイエットや便秘解消が期待できるスムージーです。はちみつやレモン汁はお好みで調節すると、爽やかですっきりとした味わいに。


トマトとドライイチジクのスムージー

材料

(1人分)

  • トマト
    中1/2個
  • ドライイチジク
    25g
  • 50g
  • 豆乳(無調整)
    100cc
  • 牛乳
    100cc
  • ヨーグルト
    50g
  • オートミール
    30g
  • はちみつ
    大さじ1/2
  • 甘麹
    大さじ1
  • ギー
    小さじ1
  • シナモン
    少々

作り方

  1. オートミールと小さくカットしたドライイチジクを牛乳に浸し、一晩冷蔵庫で寝かせます。
  2. 小さくカットしたトマトとほかの全ての材料をミキサーに入れ、1分くらい攪拌して、混ざればできあがりです。

おいしさのポイント

ギーやシナモン、甘麹など、ユニークな香辛料、調味料を使うスムージー。ギーはインドの万能オイルで、免疫細胞を増やす性質を持ち、脂肪となりにくい脂肪酸を多く含みます。


トマトの注目ポイント

抗酸化作用の高いリコピンでアンチエイジング効果

リコピンは、トマトに含まれる代表的な栄養素です。カロテノイドの一種で、赤い色を出す色素でもあります。高い抗酸化作用があり、コラーゲンに働きかけて、肌のハリを維持したり、メラニン抑制により美白効果も期待できたりと、アンチエイジングの期待できる栄養素のひとつです。

生活習慣病予防効果も期待できる

トマトの持つ栄養素は、生活習慣病の予防にも役立つものです。トマトには、リコピンはもとより、β-カロテンも多く含まれており、これらの持つ抗酸化作用によって、動脈硬化や糖尿病、がんを予防する効果が期待できます。また、タバコの害から肺を守る効果もあるとされています。 リコピンやβ-カロテンは、酸素が細胞を酸化させる働きを妨げ、老化やがんを引き起こすのを予防すると言われています。トマトジュースを2缶、毎日飲んでいたことで悪玉コレステロールの酸化の抑制や、マウス実験で糖尿病やガンが抑えられたという報告もあるようです。

中性脂肪の排出でダイエット効果も

トマトには、不飽和脂肪酸の一種「13-oxo-ODA」や水溶性食物繊維である「ペクチン」が含まれています。不飽和脂肪酸の一種である「13-oxo-ODA」は、京都大学の研究グループにより発見された物質で、脂肪肝や高中性脂肪血症などを改善する効果があるといわれています。 また、さらに水溶性食物繊維「ペクチン」が中性脂肪やコレステロールを包み込んで排出する働きを持っており、脂肪排出を促してくれる効果が期待できそうです。脂肪を溜め込まずに排出しやすくしてくれるこれらの作用がダイエット効果として働き、痩せやすくなる可能性があります。

便秘やむくみ改善効果ですっきりデトックス

トマトに含まれている食物繊維「ペクチン」には、胃腸で水分を吸ってかさを増し、腸を刺激することで腸の動きを活性化する効果が期待できます。腸が活性化されることで、頑固な便秘を解消が見込まれます。また、余分な塩分と水分排出する働きを持つカリウムも豊富。むくみ改善効果も期待できます。トマトによって余分なものをすっきりデトックスしましょう。

トマトをスムージーにするときの注意は?

真っ赤なトマトを選んで

トマトをスムージーにするときには、できるだけ真っ赤に熟したトマトを選びましょう。トマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用を持っている栄養素でありながら、トマトの赤色を作っている色素でもあります。真っ赤な完熟トマトになるほど、リコピン含有量は多くなり、リコピンの効果を得やすくなるでしょう。トマトに関しては、生を使うだけでなく、完熟トマトを加工したトマトジュースを活用してスムージーを作るというのも選択肢です。

朝摂取するのが効果的

トマトに含まれているリコピンは、摂取するタイミングによって体内への吸収率が変わると言われています。体内では、消化吸収や代謝が行われていますが、その働きが高まりやすい時間帯は決まっているからです。せっかくの大切な栄養素は、消化や代謝のリズムに合わせて摂取することで、吸収しやすくしてあげましょう。リコピン吸収の効率が良いのは朝の時間帯なので、朝食のタイミングに一緒に摂取するか、朝食代わりとして取るのがおすすめです。

毎日一定の量を摂取して

トマトが体に良いといっても、食べ過ぎや飲みすぎもよくありません。適量を摂取することが大切です。健康効果を得られるトマトの摂取量は1日に2~3個と言われています。200mLの食塩無添加トマトジュースを1日に2回摂取することで中性脂肪が減り、代謝がアップしたという研究結果もあります。また、1日のリコピン摂取量の目安は約15グラムであり、これは生トマト2~3個分にあたるそうです。トマトの健康効果を得るには、同程度の量を目安にして摂取すると良いでしょう。

油や牛乳と一緒の摂取も効果的

トマトのリコピンは、油や牛乳などと相性が良く、これらを同時に摂取するとリコピン吸収率が高まると言われています。そのため、スムージーにする際にオリーブオイルをほんの少し加えたり、牛乳と混ぜたりするアレンジも効果的です。また、あまり冷やさず常温程度で飲むことでも吸収率を高める効果が期待できます。

サイトTOPへ!

Page Top

Page Top

飲み比べ結果1位の
粉末スムージーを見る