おいしい!おしゃれ!ヘルシー!
スムージーでHappy♥Life

色(素材)別のスムージーの効果

スムージーTOP » スムージーの効果 » [素材別]スムージーの効果

色別に見るスムージーの効果

素材によって異なるスムージーの健康&美容効果についてまとめました。
スムージーに使われる素材によって、得られる効果は異なります。ここでは、各色のスムージーにどんな効果が期待できるのか、詳しくまとめてみました。

  • グリーンスムージー

    グリーンスムージーの主な素材は、ほうれん草・小松菜・チンゲン菜・春菊・モロヘイヤなど。いわゆる葉物野菜で、緑黄色野菜がメインとなります。これらの野菜は、とくにカルシウム・鉄分・カリウムといったミネラルが豊富!

    女性に多い、貧血や骨粗しょう症の予防効果が期待できます。また、カリウムには体の中の余分な水分・老廃物を外へ出すデトックス効果があるため、むくみの防止にもつながりますね。独特の青臭さがあって「苦手」という人もいる野菜が多めですが、果物類とミックスすれば飲みやすくなります!

    グリーンスムージーの
    効果をもっと見る

  • レッドスムージー

    レッドスムージーの素材は、その名の通り「赤」の素材がメイン。トマト・イチゴ・赤パプリカ・にんじんといった素材が使われています。これらの野菜やフルーツには、老化や病気の原因となる活性酸素を除去する抗酸化物質がたっぷり(リコピン・カロテン・ビタミンCなど)。

    とくに、美肌・アンチエイジングといった美容面に効果を発揮してくれるため、いつまでも若々しくいたい女性にはピッタリです。しかも、レッドスムージーはグリーンに比べるとエグみがなくて飲みやすく、毎日続けやすいのも大きなメリットです。

    レッドスムージーの
    効果をもっと見る

  • オレンジスムージー

    オレンジ・みかん・黄桃・黄パプリカ・パイナップルなどを使ったオレンジスムージー。ビタミンCをはじめとするビタミン類が多く、お肌の老化予防や免疫アップに効果を発揮してくれます。酸味のあるフルーツにはクエン酸も豊富なので、疲れが溜まったときの疲労回復にも役立ちますよ。

    ただ、オレンジスムージーは果物が多くなりやすいため、口当たりはいいのですが糖分の摂りすぎには要注意。フルーツの糖質は、砂糖に比べれば血糖値が上がりにくいという特徴はありますが、食べすぎると太る原因になります。

    オレンジスムージーの
    効果をもっと見る

  • パープルスムージー

    パープルスムージーに用いられる素材は、ブルーベリー・ぶどう・アサイー・紫いもなど。これらの素材の特徴である紫色は、アントシアニンというポリフェノールのものであり、高い抗酸化作用が期待できます。アントシアニンと聞くと目の健康効果が思い浮かびますが、肌のしわやたるみを防止するなどのアンチエイジングにもお役立ち。

    食物繊維をたっぷり含む素材も多いため、便秘に悩んでいる人にもおすすめです。ただし、こちらもオレンジスムージーと同じくフルーツ類が多いため、糖質の量には気をつけましょう。

    パープルスムージーの
    効果をもっと見る

  • ブラックスムージー

    ブラックベリー・ブルーベリー・アサイー・アメリカンチェリーなど、色の濃い素材を多く使ったブラックスムージー。毎日の美容と健康に欠かせない、ポリフェノール・ビタミン類(とくにビタミンC・E)をたっぷり含んでいます。

    なかでもブラックベリーは美白効果を持つエラグ酸を含んでいるため、肌のくすみやシミにお悩みの女性は注目!いろいろな栄養を持つ素材とミックスすれば、より美肌効果もアップします。手軽に入手できない素材も多いので、冷凍食品やパウダーなどを上手に利用すると◎。

    ブラックスムージーの
    効果をもっと見る

  • その他のスムージーの材料
    (ホワイト・ピンク・イエロー)

    ホワイトスムージーの素材は、ココナッツや梨といった果実がメイン。ココナッツは脂肪の燃焼効果、梨はデトックス効果があるため、ダイエットに効果的です。

    ピンクスムージーに使われるのは、ルビーグレープフルーツやビーツなど。グレープフルーツにはリコピンが多いので抗酸化パワーによるアンチエイジング、ビーツには血流アップによる美容&健康効果が期待できます。

    イエロースムージーに用いられるマンゴーや黄色パプリカは、ビタミンCの含有量が高め。美しい肌づくりを強力にサポートしてくれます。

    ピンクスムージーなどの
    効果についてもっと見る

サイトTOPへ!

Page Top

Page Top

飲み比べ結果1位の
粉末スムージーを見る