おいしい!おしゃれ!ヘルシー!
スムージーでHappy♥Life

グリーンスムージー,効果

スムージーTOP » スムージーの効果 » グリーンスムージーの材料

グリーンスムージーの材料から
効果をチェック!

スムージーといえばグリーンを思い浮かべるほど、ポピュラーなグリーンスムージー。そんなグリーンスムージーに使われている素材にはどんなものがあるのか、どんな成分を含んでいてどんな効果を得られるのかを、徹底解説していきたいと思います!

  • ほうれん草

    ほうれん草

    グリーンスムージーには欠かせない野菜、ほうれん草。ビタミン・ミネラルが非常に多い緑黄色野菜ですが、特筆すべきは鉄分の量!牛のレバーと同じくらいの量が含まれているため、貧血予防のためにも積極的に摂りたいですね。鉄分の吸収を高めるビタミンCも豊富ですが、熱を加えると働きがダウンしてしまうため、非加熱のスムージーで摂取するのがおすすめです。

    ほうれん草の効果を詳しく見る

  • 小松菜

    小松菜

    ほうれん草と並んで、ポピュラーな緑黄色野菜である小松菜。アクが少なく、生食にも向いているのが特徴です。豊富に含まれているのは、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・食物繊維といった美容にうれしい成分。なかでも、ネオキサンチンという色素成分には抗肥満作用があるため、ダイエットサポート効果も期待できますよ。

    小松菜の効果を詳しく見る

  • 春菊

    春菊

    冬の葉野菜の代表格である、春菊。βカロテンの量がとても多く、その量は小松菜・ほうれん草を上回っています。また、牛乳以上のカルシウムや、鉄分・マグネシウム・リンといったミネラルも豊富。女性が気になる貧血や骨粗しょう症の予防に役立ちます。独特の風味と苦みがあるため苦手とする人もいますが、スムージーなら意外とおいしく摂れますよ。

    春菊の効果を詳しく見る

  • チンゲン菜

    チンゲン菜

    中国を原産地とするチンゲン菜は、日本でもおなじみの野菜。アクが少なくどんな調理法にもマッチし、カロリーも低いのが特徴です。カロテン・ビタミンCが豊富で、高い抗酸化作用が期待できるほか、カリウムによるむくみ予防も効果大。生食でもOKですが、たくさん摂りすぎると甲状腺機能が低下する恐れがあるため、量はほどほどに。

    チンゲン菜の効果を詳しく見る

  • モロヘイヤ

    モロヘイヤ

    アラビア語で「王様の野菜」という意味を持つモロヘイヤは、緑黄色野菜の中でもトップクラスのカルシウム・カロテン量を誇る野菜。そのほかにも、ビタミンB群・ビタミンC・食物繊維をたっぷり含んでいます。ぬめり成分であるムチンが特徴的ですが、スムージーに適度なとろみをプラスしてくれるので腹持ちがアップ!口当たりもまろやかになります。

    モロヘイヤの効果を詳しく見る

  • アボカド

    アボカド

    森のバターとも呼ばれるアボカドは、世界で最も栄養価の高いフルーツとして有名。若返りのビタミンであるビタミンEや、むくみの予防に効果があるカリウムを豊富に含んでいるため、美容効果を高めたい女性はとくに注目すべきでしょう。脂質が多くスムージーに適度なボリュームを出してくれますが、カロリーも高いので摂りすぎには注意して。

    アボカドの効果を詳しく見る

編集部よりヒトコト

1杯で野菜をたっぷり摂れる優秀グリーンスムージー

ビタミン・ミネラルが豊富な緑の野菜を使ったグリーンスムージーは、ダイエットや美容づくりに効果的。葉野菜を毎日食べるのは大変ですが、スムージーなら1杯で十分な栄養を摂れるのがうれしいですね。ここに紹介した野菜のほかにも、かぶの葉・セロリの葉・キウイなどもグリーンスムージーに合うので、いろいろな組み合わせを試してみて。

野菜の青臭さがちょっと苦手という人は、レッドスムージーなど飲みやすいものも試してみて!

他のスムージーとの違い

健康が目的ならグリーンスムージー

緑のカラーが特徴的なグリーンスムージーは、名前のもとでもあるグリーンの葉物野菜を中心に作られます。一度にたくさんの量を食べづらい葉物野菜が主な成分であるため、普段は不足しがちな栄養素を手軽に摂取できるでしょう。
葉物野菜には、生活習慣病を予防する働きやダイエットをサポートする働きが期待されています。このことからグリーンスムージーの商品ラインナップには、心血管障害予防やがん予防などで注目されているものも少なくありません。


野菜の栄養が豊富に含まれている

葉物野菜に含まれる栄養素のなかでも、高い健康効果をもたらすとされるのは食物繊維やクロロフィル、ビタミン、ミネラル成分などです。野菜・果物の食物繊維は腸内環境を整え、便秘予防、解消に役立つでしょう。加えて、食物繊維を摂ることで食後の血糖値上昇が緩やかになるとも言われており、糖尿病予防やダイエットサポート効果が期待できます。
クロロフィルは緑黄色野菜に多く含まれる葉緑素という成分であり、グリーンスムージーの大きな魅力のひとつです。体内でヘモグロビン生成を助けて貧血を予防するほか、コレステロールを抑えて血中脂質濃度をコントロールするのにも使われます。野菜をそのまま粉砕することで、こうした成分を最大限に体内で活かしやすくなるでしょう。


味の調整が可能

グリーンスムージーに使える素材は多く、味の調節の幅が広いと言えます。野菜の青味が苦手という人もいますが、豊富なバリエーションのフルーツで調整ができるため、お気に入りの飲み方も見つけやすいはずです。また、粉末スムージーの種類も豊富にあります。
生のフルーツとしておすすめは、リンゴやグレープフルーツ、キウイフルーツなど。カロリーが高めなので多用はしないほうが良いものの、バナナはお通じのためにもなっておいしさもプラスできる相性の良いフルーツです。

グリーンスムージーの材料が含まれるおすすめスムージー

ナチュラルヘルシースタンダード
ミネラル酵素スムージー

ナチュラルヘルシースタンダード ミネラル酵素スムージー

ナチュラルヘルシースタンダードミネラル酵素スムージーが展開している4種類ものフレーバーは、どれも甘くさわやかな味わいです。人工甘味料不使用で、マンゴー、アサイーバナナ、はちみつレモン、豆乳抹茶の味が楽しめます。
1杯あたりのカロリーが低いうえに、アカシア食物繊維・イヌリン・サイリウムハスク末・グルコマンナンの4種類の食物繊維による満腹感ととろみがダイエットの空腹を緩和。さらにビタミン12種類・ミネラル6種類、植物発酵エキス202種類が健康と美容に働きかけます。
>>詳しく見る


マジカルスムージー

マジカルスムージーの画像

マジカルスムージーは、緑黄色野菜のなかでもビタミンC・食物繊維・カルシウムなどを非常に豊富に含む、大麦若葉を配合しています。加えて、天然100%のエクストラバージンココナッツオイル、マキベリー・ガラナ・アサイーなど、112種類のフルーツと野草から抽出した酵素も含有。豊富なビタミンEと酵素のパワーで、アンチエイジングをしながらダイエットや便秘解消効果が期待できます。
>>詳しく見る


ハリウッドグリーンスムージー

ハリウッドグリーンスムージー

ハリウッドグリーンスムージーは、サプリに匹敵するレベルである150,000mgものプラセンタを含んだグリーンスムージーです。美容効果を高めるコラーゲン・ビタミン・ミネラル、水溶性と不溶性の食物繊維を持つサイリウムハスクを含有し、美しくダイエットしたい人をサポートします。また200種類の素材から作られた酵素や、フォルスコリ・白インゲン豆エキス、L-カルニチンなど、幅広くダイエットを助ける成分が豊富です。
>>詳しく見る


イージースムージー グリーン

イージースムージー グリーンの画像

イージースムージーグリーンの大きな特徴は、機能性表示食品である葛の花イソフラボン。脂肪の分解と燃焼をサポートする成分であり、ダイエットサポート効果が期待できます。さらに大麦若葉・ほうれん草・長命草・バナナ・リンゴなど、厳選した9種類の野菜とフルーツによる高い栄養素もたっぷりと補給できそうです。また、コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸などの美容成分も配合しており、美肌効果も期待できます。
>>詳しく見る

サイトTOPへ!

Page Top

Page Top

飲み比べ結果1位の
粉末スムージーを見る