おいしい!おしゃれ!ヘルシー!
スムージーでHappy♥Life

スムージーにダイエット効果はあるのか検証

スムージーTOP » スムージーの効果 » ダイエット

スムージーの効果「ダイエット」

スムージーダイエットでやせられる理由と、スムージーの選び方についてご紹介しています。
美しく健康的にダイエットできると評判のスムージー。なぜスムージーでキレイにやせられるのか、
その効果と理由について詳しくまとめてみました。これからスムージーダイエットに挑戦したいと思っている方、必見です。

ダイエットの味方!な栄養バランス

たっぷりの野菜や果物をミックスしてつくるスムージーは、ビタミン・ミネラル・食物繊維といった栄養素が豊富。ダイエット中に不足しがちな栄養素を、コップ1杯でサクッとチャージできるのが魅力です。

ちなみに、人間のカラダは栄養不足になるとエネルギー変換がうまくいかなくなり、少しのカロリーでも脂肪として蓄積されるようになります。これが、「食べていないのに痩せない」の原因となってしまうんですね。しっかりと栄養を摂れるスムージーなら、ダイエットもスムーズに進みます!

腹持ちがいいものを選べば置き換えダイエットもOK

飲みごたえがあり、腹持ちがいいスムージーを選べば、置き換えダイエットとしての利用もOK。食物繊維が豊富なスムージーは1杯でも十分な満腹感を得られるだけでなく、カロリーも低め

朝食やおやつ代わりにスムージーを飲めば、自然と1日の摂取カロリーを減らすことができるんです。ダイエットにスムージーを使う際は、ゴクゴクと飲めるものではなく、噛んで食べるボリューミーなものを選ぶといいですよ。

酵素を補給することによる代謝アップ効果

食べたものを消化・吸収したり、代謝に必要となる「酵素」。野菜やフルーツには酵素がたっぷりと含まれていますが、熱に弱いのがネック。でも、スムージーなら豊富な酵素を余すところなく取り入れることができます。

スムージーによって酵素を補給すれば、消化に使われる酵素を減らすことができ、代謝に回せる酵素量が増加。その結果、代謝がアップして痩せ体質に近づけるというワケです。

スムージーとダイエットの関係性を解説

スムージーのダイエット効果をより高めるためには、飲む時のタイミングや注意点などを考慮するのがポイントです。いずれも日常生活でちょっと工夫するだけで済むものばかりですので、スムージーダイエットをするときはぜひ試してみましょう。

ダイエット効果を高めるための飲み方

スムージーはそのまま飲んでもダイエット効果を期待できるドリンクですが、スムージーとダイエットの関係性を考慮しながら飲むと効き目がぐんとアップします。ここではスムージーのダイエット効果をアップするための基本的な飲み方をまとめてみました。

1.常温で飲む

スムージーの材料に使用する野菜や果物は冷蔵庫に保管しているという人も多いかと思いますが、スムージーに限らず、冷たい飲料は胃腸をはじめとする内臓器官を冷やしてしまいます。内臓が冷えると基礎代謝が下がり、脂肪が燃えにくい体になってしまいますので、スムージーはできるだけ常温で飲むのがベスト。野菜や果物は普段は冷蔵庫に保管していても良いですが、スムージーを作る少し前に冷蔵庫から出し、常温に戻してから調理するようにしましょう。

スムージーは本来凍らせたフルーツを使うものとして定義されていますが、ダイエットに利用する場合は体を冷やさないことを優先した方が効果的です。

2.空腹の時に飲む

スムージーは医薬品ではないので、飲む時間帯は厳密に決まっていないのですが、できれば空腹時に飲むのがベスト。人間は栄養やエネルギーが不足した時に空腹を覚える仕組みになっているため、空腹時は栄養を吸収する準備がしっかり整っています。そこで栄養たっぷりのスムージーを摂取すれば満腹時よりも成分吸収率が高くなり、ダイエット効果も大幅にアップさせることができるというわけです。

おすすめは朝食時にスムージーを飲むこと。前日に夕飯を食べてから翌日に朝食を食べるまではかなり時間が空きますし、朝食に栄養たっぷりのスムージーを飲めば胃腸のはたらきが活発になり、便秘解消にもつながります。

3.噛みながらゆっくりと飲む

スムージーはドリンクの一種なので、本来噛むという動作は必要ないのですが、咀嚼すると脳に刺激が伝わってヒスタミンという物質の分泌が促進されます。ヒスタミンは満腹信号を発する役割を担っていますので、噛めば噛むほど食欲が抑えられ、食べ過ぎを予防することができます。

また、内臓脂肪の分解を促進したり、体温を上昇させてエネルギーの代謝率をアップするなどダイエットに役立つさまざまな効果を期待することができるのでまさに一石二鳥。ゆっくりと味わいながら飲み干すことをおすすめします。

4.作り立てを飲む

ミキサーの容量によっては一度に大量のスムージーを作ることができるので、手間を省くために作り置きしたいと思う人も多いでしょう。ただ、スムージーのダイエット効果を高めたいのなら、作った直後にすぐ飲むのが最適。スムージーは新鮮な生野菜や果物を使用するものですが、酸素に触れるとその瞬間から酸化が始まるため、栄養はもちろん、スムージーのおいしさが徐々に失われていってしまいます。特に夏場は素材が傷みやすいので、作ったらその場ですぐに飲んだ方が効き目も強く、安全と言えるでしょう。

どうしても作り置きしたいと言うのなら、最低でも8~10時間以内に飲むようにします。たとえば朝に作って夕方帰宅した後に飲むか、夜に作って翌朝に飲むくらいのサイクルであれば、さほど栄養素を損なわずに済むでしょう。

ダイエット効果をアップするための注意点

ここまでスムージーのダイエット効果を高める飲み方を紹介してきましたが、反対にスムージーを飲むときに注意しなければいけないところもいくつかあります。間違った飲み方をするとダイエット効果を低下させてしまう可能性もありますので、気をつけたい点をしっかり理解してからスムージーダイエットを始めましょう。

注意点1.糖質に注意する

スムージーはヘルシーな飲み物というイメージがありますが、材料として使用する果物には果糖と呼ばれる糖質が含まれています。

ご飯やパンなどに比べて肥満になるリスクは少ないと思われがちですが、独立行政法人 国立健康・栄養研究所の情報によると、フルクトース(果糖)の過剰摂取は中性脂肪を蓄積させ、コレステロールの合成を促進させることがわかっています。(参考URL:http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail566lite.html)

フルーツたっぷりのスムージーの方が甘みが強く、おいしく飲めるのは事実なのですが、ダイエット目的で飲む場合は果物よりも野菜の割合を多めにするよう心がけましょう。野菜たっぷりのスムージーはどうしても飲みにくくて苦手……という人は、果物の量を増やすかわりに、他の食事の糖質量を控えるのもひとつの方法です。たとえばご飯やパン、麺類などの主食を少なくすれば、フルーツ多めのスムージーを飲んでもトータルの糖質量を減らすことができます。

注意点2.牛乳や豆乳ではなく水で作る

ムージーの味をまろやかにするために、牛乳や豆乳を入れるレシピもあるのですが、一方でスムージーは水でなければNGとする説もあります。 グリーンスムージーの考案者であるローフード推進者のヴィクトリア・ブーテンコさんが「水で作るのがベスト」と断言していることも理由のひとつですが、ダイエットの観点からすると消化に時間がかかるのが一番のネック。

水は飲んですぐに腸に行くので消化・吸収にかかる時間はゼロですが、牛乳は4~5時間くらいかかると言われています。消化に時間がかかる=胃腸に負担がかかるということですので、基礎代謝を上げたいのならスムージーは水で作った方がよいでしょう。ちなみにカロリーの面から見ても、牛乳は100gあたり66.9kcal、豆乳は45.9kcalと結構高めなので水を使うのがおすすめですね。

注意点3.断食ダイエットで体をリセットする

スムージーは朝食代わりに使われることが多いのですが、短期間で痩せたい人や、暴飲暴食してしまった後はスムージーだけを摂取するファスティング(断食)ダイエットを取り入れてみるのもひとつの方法です。私たち人間は食事として摂取した食べ物を消化・吸収・代謝しているのですが、このうち膨大な時間とエネルギーを消費するのが消化活動。胃に食べ物が入ってから老廃物として排泄されるまでにはおよそ40時間かかると言われており、それまで内臓器官は休みなく働いています。

内臓が疲れると代謝機能が低下してしまい、脂肪が落ちにくい体になってしまうので、痩せやすい体質になりたいならファスティングダイエットで一度体の中をリセットしてみましょう。

ただ、いきなり3食グリーンスムージーに置き換えると体に負担がかかってしまうので、3日間の日程で前後2日間はグリーンスムージー1食+野菜スープ2食で過ごすのがセオリー。中1日のみ3食グリーンスムージーで過ごせば、腸内環境がリセットされて基礎代謝の向上や便秘の改善などダイエットに役立つ効果を実感しやすくなります。この際、意識して水はしっかりと飲むことが大切です。カロリーが大幅にカットされるので3日間だけでもかなり体重を落とすことができますよ!

だし、その後同じように暴飲暴食してしまうとあっという間にリバウンドしてしまいます。ファスティングダイエットに成功したとしても、1日1食はスムージーを取り入れるなどとすることで、長期的にダイエットを成功させることができるでしょう。

ダイエット効果が欲しいなら
こんなスムージーを選ぶべし

置き換えダイエットに重要なのは、何といっても「腹持ちの良さ」
すぐにお腹が空いてついつい間食しちゃってはダイエットになりません。腹持ちがいい、食物繊維が多く・飲み口がドッシリしているスムージーを選ぶと良いでしょう。

また、カロリーはもちろん、糖質の低さにも注目するといいですね。もう1つ重要なことは、味がおいしいこと!飲むこと自体がストレスになると長続きしませんし、肝心のダイエット効果も出にくくなってしまいます。

満腹感も♪編集部厳選!おすすめダイエットスムージーコレクション

編集部よりヒトコト

スムージーダイエットは長続きさせることが大切!

初めてスムージーダイエットに挑んだときは、味が口に合わなさ過ぎてあっさり断念。置き換えがまったく続きませんでした…。でも今は、「小腹が減ったら、おやつ代わりにスムージー!」を実践して、なんと-3kgのダイエットに成功!ちょっと甘めのスムージーを選ぶと満足度が高くて、他のもの(お菓子とかね)が欲しくなくなるんです。

低カロリー・低糖質のスムージーを選べば甘みがあっても大丈夫だし、ストレスなくダイエットを続けられますよ。なかなかダイエットが続かない…という人は、ぜひ試してみて。

サイトTOPへ!

Page Top

Page Top

飲み比べ結果1位の
粉末スムージーを見る