おいしい!おしゃれ!ヘルシー!
スムージーでHappy♥Life

材料からみるブラックスムージーの効果

スムージーTOP » スムージーの効果 » ブラックスムージーの材料

ブラックスムージーの材料から
効果をチェック!

色や響きがカッコいいブラックスムージー。どんな材料が使われていて、飲むことでどんな効果が期待できるのでしょうか。そんな、誰もが気になる情報をまとめてみました。

  • ブラックベリー

    ブラックベリー

    欧米ではおなじみのフルーツであるブラックベリーは、美容にうれしいポリフェノールビタミンCビタミンEがたっぷり!ポリフェノールでは、美白効果の高いエラグ酸が多いため、シミそばかすなどに悩んでいる方におすすめです。食物繊維の量もフルーツ内ではトップレベルなので、便秘に悩んでいる方にも◎。ただ、渋みがあって生でたくさん食べるのは難しいため、スムージーでおいしく摂取しましょう。

    ブラックベリーの効果を詳しく見る

  • アメリカンチェリー

    アメリカンチェリー

    国産のさくらんぼに比べると、色が濃くて甘みも強いアメリカンチェリー。価格もリーズナブルで、スムージーの食材としても適しています。含まれている栄養素で多いのは、アントシアニンとカリウム。とくにカリウムは体内の水分バランスを整えてくれるため、むくみの解消にも効果的です。

    アメリカンチェリーの効果を詳しく見る

  • ブルーベリー

    ブルーベリー

    栄養成分表(100gあたり)

    • ビタミンC
      9mg
    • ビタミンE
      1.7mg
    • 食物繊維
      3.3mg
    • カロテン
      55μg
    • カリウム
      70mg
    • カロリー
      49kcal

    抗酸化作用を持つアントシアニンビタミンEが豊富で、アンチエイジングに効果的なブルーベリー。意外なことに食物繊維はバナナの2.5倍も含まれており、お通じや腸内環境の改善にも役立ってくれます。最近では生で売られていることも多いですが、毎日一定量を摂るのはコスト的にも困難。冷凍のものでも栄養価は変わらないので、上手に利用するといいですね。

    組み合わせガイド

    • ブルーベリー+バナナ=便秘解消
    • ブルーベリー+いちご=アンチエイジング
  • アサイー

    アサイー

    栄養成分表(100gあたり)

    • ビタミンE
      3.3mg
    • カルシウム
      35.3mg
    • 鉄分
      0.50mg
    • たんぱく質
      1.1g
    • 食物繊維
      2.1g
    • カロリー
      72kcal

    ハワイ発のスイーツとして人気が高まったアサイーは、栄養価が非常に高いスーパーフードの1つ。若々しい肌づくりに役立つポリフェノールが豊富で、女性の間では根強い人気を誇っています。食物繊維も多く、腸内環境を整える効果も期待できますよ。スムージーに使う際には、冷凍のピューレを利用すると便利。ただし、他のフルーツや食材が混ざっている場合は糖質カロリーに気をつけて。

    組み合わせガイド

    • アサイー+チアシード=ダイエット効果
    • アサイー+キウイ=美肌
  • ミックスベリー

    ミックスベリー

    ブルーベリーストロベリーラズベリーなどがミックスされている商品で、冷凍食品として売られているのが一般的。「冷凍食品は、生に比べて栄養が少ないんじゃ…?」と思う人もいるでしょうが、新鮮なうちに急速冷凍しているので栄養価は変わりません(むしろ、生より高いという情報も!)。

編集部よりヒトコト

美容と健康にうれしい栄養たっぷり♥

ブラックスムージーの食材には、パープルと同様にアントシアニンをはじめとするポリフェノールが豊富に含まれているのが特徴。色素が濃いので見た目はちょっと悪くなるかもしれませんが、栄養価は非常に高いので、美容と健康のために続けたいスムージーですね。ただし、糖度の高い食材が多いため、カロリーの摂りすぎには気をつけて

サイトTOPへ!

Page Top

Page Top

飲み比べ結果1位の
粉末スムージーを見る