おいしい!おしゃれ!ヘルシー!
スムージーでHappy♥Life

スムージーの美肌効果をネホハホ!

スムージーの効果「美肌」

スムージーの美肌効果を徹底調査してみました。
ビタミン・ミネラル・ポリフェノールなど、栄養たっぷりのスムージーは、美肌づくりにもお役立ち♪
ここでは、スムージーのどんな成分が美肌に役立つのか、分かりやすくまとめてみました。美肌効果を高めるスムージーの選び方にも触れていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

便秘のお悩みを解消して、美肌効果アップ

便秘は、美しく健康的な肌の大敵!スムージーは豊富な食物繊維で、腸のぜん動活動をアップ。自然なお通じを促し、ガンコな便秘を解消へと導いてくれます。

便秘になると、体内に老廃物が長くとどまることになり、血液中に毒素が流れ込んで肌荒れやターンオーバーを乱す原因となってしまいます。「便秘でニキビができた…」なんて経験は誰しも一度は身に覚えがあるのでは?スムーズなお通じは美肌づくりの基本なので、毎日のスムージーで実現したいですね。

美肌づくりに役立つビタミンがたっぷり!

スムージーの食材となる野菜やフルーツには、ビタミンC・ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンEといった、美肌づくりに欠かせない成分がたっぷり。加熱に弱い栄養素も、生の状態で摂取できるスムージーならしっかりと摂ることができます。

白くて透明感のある肌を目指したいなら、ビタミンCが豊富なキウイ・アセロラ・いちごなどがおすすめ。若々しく張りのある肌を目指したいなら、抗酸化物質が多いブルーベリー・アサイーなどを取り入れると◎です。

ブルーベリーを使った『美肌』スムージーレシピはコチラ

抗酸化物質によるアンチエイジング効果

肌を老化させる原因となる、活性酸素。これは紫外線・疲労・ストレス・喫煙などによって体内に増えるもので、シミ・しわといったトラブルを引き起こす元凶です。そんな活性酸素を取り除く抗酸化物質を、栄養豊富なスムージーならしっかりと取り入れることができます。

抗酸化物質がとくに多い食材は、バナナ・ブルーベリー・トマト・にんじん・ほうれん草・アボカドなど、スムージーではおなじみの食材ばかり。毎日のスムージーでしっかり摂取しておけば、体内の活性酸素を減らすことができ、美肌効果もグンとアップします!

スムージーと美肌の関係性を解説

スムージーの美肌効果は抗酸化作用によるところが大きいのですが、具体的にどのようなメカニズムになっているのでしょうか?ここではスムージーと美肌の関係性についてくわしく説明します。

老化の原因は「活性酸素」

私たち人間の吸っている空気の約20%は酸素ですが、そのうち約2%は他の物質を酸化させるはたらきが非常に強い活性酸素になります。 活性酸素自体、本来は悪い存在ではありません。優れた殺菌力を有するため、体内に侵入してきた細菌やウイルスを撃退するという重要な役割を担っているのです。

しかし、必要以上に増えすぎると正常な細胞や遺伝子まで攻撃し始めてしまい、いろいろなものを酸化(サビ)させてしまいます。 酸化によって起こる症状はいろいろありますが、代表的なものとしては以下3つが挙げられます。

1.肌の老化

活性酸素の影響は全身に及びますが、中でも真っ先に変化が現れるのが肌です。 活性酸素が発生すると肌を守るためのメラニン色素が発生するのですが、増えすぎるとシミやそばかす、くすみなどの原因になってしまいます。 また、活性酸素によってコラーゲンがダメージを受けるとハリや弾力が失われ、シワやたるみが発生します。外部刺激に対する抵抗力も低下し、肌荒れを起こす要因にもなってしまいます。

2.免疫力の低下

私たちの体には異物の侵入や増殖を防ぐ免疫機能が備わっています。 しかし、活性酸素が増えると免疫細胞まで攻撃されてしまい、免疫力が大幅に低下してしまうのです。その結果、感染症にかかったり、アレルギー症状が起こったりしやすい体になってしまいます。

3.思考力の低下

脳は体の中で最もエネルギーを必要とする器官なので、当然酸素の供給率も高い傾向にあります。そのぶん活性酸素の影響も受けやすく、脳の神経細胞が傷つくと思考力や集中力が低下し、仕事や学業に支障が出る可能性があります。


活性酸素はなぜ増える?

活性酸素は普通に過ごしていてもある程度発生するものですが、必要以上に増えるのにはいくつかの理由があります。

理由1.加齢

人間の体内にはもともと活性酸素の発生を抑える酵素「SOD」が存在していますが、年齢を重ねるとそのSODがだんだん減っていき、活性酸素を抑制しきれなくなってきます。 よく「25歳はお肌の曲がり角」と言われますが、これはSODが20代をピークに減少してしまうことに由来しています。

理由2.紫外線

皮膚に直接紫外線を浴びると、肌を守るために大量の活性酸素が発生してしまいます。

紫外線は夏場だけでなく、秋や冬も降り注いでいるものなので、きちんとケアしないと肌の老化が進行してしまう原因になります。

理由3.飲酒、喫煙

たばこに含まれるニコチンやタールといった成分は体にとっては異物ですので、喫煙するたびに活性酸素が発生しやすい状態になります。 また、過剰なアルコール摂取も活性酸素が生まれる原因のひとつ。肝臓でアルコールを分解する際、副産物として活性酸素が生まれるため、過度な飲酒は老化のもととなります。

理由4.食生活の乱れ

食事から摂取した脂肪分は通常、腸内で分解される仕組みになっていますが、余分な脂肪は肝臓に回されて解毒されます。 するとアルコールの過剰摂取同様、副産物として活性酸素が発生し、体を徐々にサビつかせてしまいます。

特にトランス脂肪酸は基本的に食事から摂取される必要のない脂質と言われているため、摂りすぎるとすぐに肝臓に回されてしまい、活性酸素を生み出す引き金となるので要注意です。


スムージーには活性酸素除去効果(=抗酸化作用)がある

ここまで活性酸素がもたらす悪影響について説明してきましたが、そんな活性酸素に対抗する手段として注目したいのがスムージーのもつ抗酸化作用です。

その名の通り、酸化に抗う作用のことを意味していて、体内で生まれた活性酸素を撃退し、さまざまな悪影響を未然に防ぐ効果が期待できます。

活性酸素が除去されることによって改善される症状はたくさんあるのですが、ここでは特に美肌効果について詳しく解説していきます。

効果1.美白効果

人間の皮膚はおよそ28日周期で生まれ変わっていて、古い角質が剥がれて新しい角質が表に出てくる仕組み(ターンオーバー機能)が備わっているのですが、活性酸素が増えるとそのサイクルが乱れ、古い角質が積み重なってしまいます。 増えた活性酸素に対して角質内ではメラニン色素が生まれますので、やがてシミやそばかす、くすみになってしまいます。

スムージーの抗酸化作用で肌のターンオーバー機能が正常化されれば、古い角質と一緒にメラニン色素も外に排出されますので、シミ、そばかすの発生を予防することができます。

長期間続ければすでにできたシミやくすみ、ニキビ跡の解消にも有効なので、美白効果も期待できるのがうれしいところですね。

効果2.ニキビ、吹き出物の予防

人間の皮膚は乾燥から身を守るために毛穴から適度な皮脂を分泌しています。

ところが古い角質が堆積すると毛穴にフタがされてしまい、皮脂の逃げ場がなくなって毛穴にたまっていきます。

すると皮脂にもともと存在する常在菌が皮脂をえさにして過剰に増殖。常在菌は本来異物を撃退する役割を担っているのですが、活性酸素同様、増えすぎると正常な細胞を攻撃し始め、炎症を引き起こす原因となってしまいます。

この炎症こそがいわゆるニキビや吹き出物で、放っておくと色素沈着やクレーターになってしまうことも…。

肌のターンオーバーが整えば古い角質が毛穴をふさいでしまう心配もなくなり、ニキビや吹き出物の発生もブロックすることができますよ!

効果3.乾燥予防

健康な皮膚がしっとりしているのは、水分と油分のバランスがとれている証拠。水分はそのままでは蒸発してしまいますが、皮脂がフタの役目を果たすことで長時間水分をキープすることが可能となっています。

しかし古い角質が毛穴をふさいでしまうと皮脂の正常な分泌を妨げられ、水分が蒸発しやすくなりますので、赤みやカサつき、かゆみなどのトラブルが頻発するようになってしまいます。

スムージーの抗酸化作用でターンオーバーが正常になれば、肌の水分と油分のバランスも正常に近づきますので、うるおいのある肌をキープできるようになりますよ!

うるおいがあるということは肌を守るバリア機能もしっかり働いていることの証拠ですので、紫外線や花粉などのアレルゲンの影響も受けにくくなり、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

美肌効果が欲しいなら
こんなスムージーを選ぶべし

美肌をおびやかす活性酸素を除去するには、ポリフェノールなどの抗酸化作用を持つ成分を意識的に摂ることが大切。
いちご・トマト・にんじん・アサイーなどを含むレッドスムージーの方が美肌効果は高い
ですよ。


美肌効果の高いスムージーの作り方

凍らせた野菜や果物を使って作るスムージーは、カロリー控えめで美容にいい栄養素をたっぷり摂れることから、健康や美容のためにスムージー生活を送っている人もいます。でも、実はスムージーを飲むタイミングや食材選びを間違えると、逆効果に。美肌を目指してスムージーを食生活に取り入れたい方のために、注意が必要なポイントをまとめてみました。

美肌のために必要な成分を

スムージーは野菜や果物をミキサーにかけて作るので、基本的に加熱しません。そのため抗酸化物質や、食物繊維、そして加熱に弱いとされる酵素やビタミンなどの栄養素も、そっくりそのまま取り入れることができます。

野菜や果物に多く含まれている抗酸化物質には、細胞の酸化を促す活性酸素を取り除くはたらきがあります。また、酵素によって腸内の善玉菌が活性化し、食物繊維によって便秘解消が促され、腸内環境の改善に繋がるのです。するとビタミンやミネラルが効率よく肌細胞に行き渡り、スキンケアの効果が現れやすくなります。


体を冷やさない工夫を

本来、スムージーは、材料となる野菜や果物を凍らせたり氷を加えたりします。しかし、美肌を作るには身体を冷やしてはいけません。身体の温度が下がると、体温を上げようとして血管が収縮します。この状態が長く続くと血流が停滞してしまい、体内の新陳代謝にも影響を及ぼしてしまうのです。

このため、材料は常温のものを使います。また、バナナやマンゴー、スイカなど、南国原産の果物には身体を冷やす効果があるので要注意です。トマト、きゅうりなど夏が旬の野菜や、キャベツ、レタスなどの葉物野菜にも同様なので、上手にほかの材料と組み合わせます。


糖質とタンパク質は控えめに

過剰に摂取した糖質がタンパク質が結びつくことで起こる「糖化」は肌の老化を招きます。糖質は果物に多く含まれているので、美肌効果の高いスムージーでは野菜多めのスムージーを作るようにしましょう。野菜と果物の割合は6:4を目安にして、野菜が多くて飲みにくいときは無理をせず、少しずつ野菜の分量を増やします。

また、スムージーに牛乳や豆乳を加えるアレンジもありますが、タンパク質はほかの栄養素の吸収を妨げると言われています。肌にとってはタンパク質も必要な栄養素ですが、スムージーに加えず別の食事で補いましょう。


ソラレンを含む食品は避ける

きゅうりやセロリ、パセリ、キウィ、いちじく、そしてレモンやオレンジなどの柑橘類には「ソラレン」という物質が含まれています。ソラレンは、紫外線に反応する「光毒性」という性質を持つ成分。日焼け対策や美白化粧品を使っても、ソラレンが肌の内側に存在していると日焼けしやすい状態になってしまうのです。このため、美肌効果を求めるスムージーには、ソラレンを多く含む野菜や果物を使うことはできるだけ避けましょう。


効果の高い粉末スムージーを使うのもオススメ

美肌効果が期待できるスムージーですが、「自分で食材を選ぶのが難しい」という人や「常温でスムージーを作る時間が作れない」人もいるかもしれません。そんな人におすすめなのが、粉末スムージーです。粉末スムージーは、1食別にカロリーや栄養・糖質などが計算されており、水を注ぐだけで手軽に作れます。また、味を調整しているので、手作りスムージーに飽きたときにもおすすめ。ただし種類がとても多いので、成分をしっかりチェックして選びましょう。

編集部よりヒトコト

美肌の栄養素はスムージーでまるごと摂取!

美容にはさまざまな栄養素が必要ですが、美肌に必須の栄養素は「ビタミンC」「ビタミンA」「タンパク質」。タンパク質は食事でもしっかり摂れるものなので、不足しやすいビタミン類をスムージーでサポートすると◎

スムージーに牛乳や豆乳をプラスすると、タンパク質も一緒に摂れるのでおすすめですが、カロリーには気をつけて!

サイトTOPへ!

Page Top

Page Top

飲み比べ結果1位の
粉末スムージーを見る