おいしい!おしゃれ!ヘルシー!
スムージーでHappy♥Life

コンビニスムージーをネホハホ!

スムージーTOP » コンビニで買えるスムージー探検隊

コンビニで買えるスムージー調査隊!

コンビニで買えるスムージーのカロリー・糖質・特徴などの情報をまとめました。

セブンイレブン

オリジナルのスムージーを提供しているセブンイレブン。お値段は少々高めですが、しっかりと野菜を摂れるスムージーが揃っており、カロリーもまずまず控えめです。 セブンイレブンでは、15種類の野菜と7種類の果物が入ったグリーンスムージー、5種類の果実に牛乳を組み合わせた果実のスムージーの2種類が販売中です。どちらも砂糖、甘味料、増粘剤は不使用で、特にグリーンスムージーにはレタス1個分の食物繊維が入っています。

セブンイレブンのスムージーをくわしく見る

ファミリーマート

品質にこだわったスムージーを取り揃えているファミリーマート。定番のグリーン・レッドといったスムージーから、デザートタイプのスムージーまで、好みや気分で選べるラインナップとなっています。 中でもおすすすめしたいのが「サラダスムージー」です。食物繊維の中でも水に溶ける水溶性食物繊維・サンファイバーを含んでいて、食物繊維が腸まで届いて善玉菌のエサとなり、腸内環境改善効果が期待できます。美容と健康が気になる方におすすめのスムージーです。

ファミマのスムージーをくわしく見る

ローソン

どのコンビニよりも早くスムージーの販売を開始したローソン。ダイエットや糖質制限といった分野にも力を入れているため、ローカロリー・低糖質の商品が豊富です。美容・健康を気にする人におすすめ! カップタイプのグリーンスムージーは3種類ありますが、このうち1食分の野菜を1つにしたのが「NL グリーンスムージー」です。ケールをはじめとする葉野菜とキウイやりんごの果汁などをブレンドしたさわやかな味と、89kclという低カロリーが魅力。人工甘味料不使用です。

ローソンのスムージーをくわしく見る

カゴメ

調味食品・飲料などを多数開発しているカゴメでは、人気商品である野菜生活のシリーズとしてスムージーを展開。圧倒的な野菜の量と、飲みやすさにこだわったスムージーで、多くのファンを集めています。 野菜生活シリーズには全6種類のスムージーがあります。1本に入っている野菜や果物の量は、1日の摂取目安量の2分の1相当。グリーンスムージーは16種類の野菜と、美容に嬉しい4種類の果物由来の食物繊維が含まれていて、保存料・着色料・増粘剤は無添加です。

カゴメのスムージーをくわしく見る

ドール

新鮮なフルーツの代名詞とも言えるほど、世界中で有名なドール。そんなドールから発売されているスムージーは、もちろんフルーツがたっぷり使われています。比較的飲みやすい味が揃っているため、野菜の味が苦手な人にもおすすめです。 4種類のフレーバーが揃ったドールのスムージーは、1日の食事で不足しがちな食物繊維などが1本で満たせるように作られています。ケールなど9種類の野菜と5種類の果物が含まれてるグリーンスムージーはさっぱりとした味と71kcalという低カロリーが魅力です。

ドールのスムージーをくわしく見る

ミニストップ

イオングループのコンビニであるミニストップは、少ない店舗数ながらオリジナリティのある商品展開で人気。スムージーは定番のグリーンを筆頭に、季節に合わせたバラエティ豊かな商品を揃えています。 定番のグリーンスムージーは野菜感増し増しのさわやかな酸味が特徴です。15種類の野菜に、果物はりんご・バナナのほかレモン・グレープフルーツ・ライムと3種の柑橘類が入っています。また、1日の不足分を補う鉄分3.3mgが含まれているので、鉄分不足の人におすすめです。

ミニストップのスムージーをくわしく見る

ドトール

あのコーヒーショップ・ドトールがコンビニで買えるスムージーを発売。グリーン・レッドのほかに、紅茶風味(!)の「レモティーハニー」味も。 ドトールのコンビニ・スムージーはペットボトルタイプで、野菜や果物の色がよく見える緑・赤・黄の3種類です。グリーンとレッドには1食分の野菜120gが、黄色の「シチリア産レモンを使ったレモンティーハニー」には1日あたりのビタミンC摂取量100mgが含まれています。

グリコ

ヨーグルトでのファンも多い、朝食りんごがスムージーで登場。野菜メインの味が苦手な人にもうれしい、つぶつぶみかん味もあります。 「朝食りんごヨーグルト」に118g分の野菜汁ジュレを追加、しゃくしゃく歯触りの粗おろしりんごはそのままの、グリコならではのスムージーです。ヨーグルト味なので野菜が苦手な人も飲みやすいのではないでしょうか。忙しくてヨーグルトを食べる時間がない朝にもおすすめです。

Shine&Shine

香港発のフレッシュジュース、Shine&Shine。鮮やかなカラーとおしゃれなボトルで、女子の間で人気急上昇中のアイテムです。正確にはスムージーではありませんが、不足しがちなビタミン・ミネラルを補えるほど栄養もたっぷりです。 スマートなパッケージと濃厚な味わいのShine&Shineは、グレープフルーツ、ラズベリーミックスなど5種類のフレーバーがあります。世界各地の果物を使用している一方、着色料・香料・保存料・甘味料は無添加。ファミリーマート及びナチュラルローソンで販売中です。

froosh(フルーシュ)

砂糖や保存料・着色料などの食品添加物が全く使われていないので、身体に優しい仕上がりになっています。食物繊維も豊富でお通じがよろしくない方には嬉しい一品です。 北欧生まれであるfrooshのおいしさの秘密は、非濃縮還元の100%果汁を使っていること。圧搾製法を採用し、食物繊維も壊すことなくしっかり摂取できます。フレーバーは4種類で、ナチュラルローソン、ファミリーマート、イトヨーカドーなどの一部店舗で販売中です。

froosh(フルーシュ)のスムージーをくわしく見る

ときめきカフェ

忙しい朝にコレ1本で大満足できるほど飲みごたえ抜群!ジューシーな果肉が残っているので、フルーツの甘みを感じながら飲めちゃいます。 ときめきカフェのスムージーは、グリーン、パープル、レッドの3種です。特にグリーンとパープルに含まれている植物性乳酸菌HSK201は、胃酸にも強く生きて腸まで届き、アレルギー改善作用があるとされています。飲みやすいので食事のお供や水分補給としてもおすすめです。

ときめきカフェをくわしく見る

マイスムージー

添加物・防腐剤・遺伝子組み換え食品・小麦・乳製品・砂糖は不使用。それぞれの味には嬉しい効果がある食品を使用しています。味はシンプルながらも身体に嬉しい仕上がりです。「マイスムージー」は、元ミス・スウェーデンが伝授したレシピを元にした、1本で1日分の果物が摂れるスムージーです。砂糖を一切使わない自然な甘が特徴で、ザクロやマンゴー、そしてスーパーフルーツとして話題のアサイーなどの6種類が揃っています。公式サイトで通販可。

マイスムージーをくわしく見る

スーパーフードスムージー「チアブースト」

人間の体内で作ることが出来ない9種類の内8種類を含んだ計18種類のアミノ酸を含有しているため、たくさんの栄養素を摂取出来ます。素材本来の味を楽しみながら飲めちゃいますよ。 家庭ならではの手作りスムージーに、チアシードをすりつぶした「クラッシュチアシード」を加えたのが「チアブースト」です。野菜や果物の味とともに、チアシードのプチプチ食感が楽しめます。もちろん、チアシード由来の美肌・美容効果も期待できます。

スーパーフードスムージー「チアブースト」をくわしく見る

EMIAL

安曇野食品工房の食ブランド「EMIAL」のスムージーは、数多くの野菜とフルーツはもちろん、乳酸菌・ビフィズス菌なども同時に摂取することができる飲みやすいスムージーです。 味は2種の果物と8種の野菜入りのグリーン、ベリー、ピーチの3種類。どれもビフィズス菌BB-12入りのプロバイオティクス飲料です。セブンイレブンやマックスバリュー、ドラッグチェーンのウェルネスなどで販売中。角切り果実とヨーグルト入りで専用ストロー付き。

EMIALをくわしく見る

スジャータ

野菜や果物、穀物をバランス良くミックスしたスタンダードなスムージーから期間限定の果肉入りフルーツスムージーなど、バリエーションが豊富なのが魅力的です。 食事のかわりにもなるように、アメリカで話題の「パワーサラダ」を参考に開発された、とにかく飲みごたえがあるスムージー。1日に摂取の目安となる量の2分の1の野菜や果物、さらにオーツ麦やもちあわ、黒米などの18種類の穀物が含まれていて満足感は抜群です。

スジャータをくわしく見る

森永乳業

国内大手企業の森永乳業は、長年の経験と独自の製法や研究から、健康的なだけでなく、飲んで美味しいスムージーを展開。配合成分は健康と美容に幅広い効果が期待でき、森永乳業ならではの乳成分使用の商品もあります。砂糖や人工甘味料は使用していないので、野菜や果物の優しい甘さを感じることができます。自然由来の色鮮やかなスムージーは、透明パウチで見た目も楽しい作りです。カロリーも控えめで栄養豊富、ダイエット中にはうれしいスムージーです。

森永乳業をくわしく見る

永谷園

お茶漬けやふりかけで有名な永谷園からも、スムージーが発売されています。永谷園のモットーは「味ひとすじ」。美味しく安全な食品を提供しています。お湯やホットミルクで作れる、2種類の温かいホットスムージーのスープは、どちらも栄養や食物繊維が豊富。健康に気を使いたい女性にぴったりです。

永谷園をくわしく見る

コンビニスムージーは
ダイエット
には不向き?

おいしくて手軽なコンビニスムージーですが、実はダイエットにはあまり向いていないんです。その理由は以下の通り。

糖質がけっこう高いんです…。

コンビニで売られているスムージーは、飲みやすさを重視して開発されています。そのため、果汁が多かったり、甘みが添加されていたりするため、どうしても糖質が高くなりがち。知らずに飲み続けていると、逆に太ってしまう可能性があるんです。

毎日飲むとおサイフに厳しい!

コンビニスムージーを1ヶ月間毎日飲み続けると、安いものでも3,960円。品質にこだわると、さらにコストは高くなります。自分で作る手間を考えれば安いかもしれませんが、これを毎日続けるのは家計に厳しいもの。コンビニは基本的に値引きをしないため、安価で購入するのも難しいです。

編集部よりヒトコト

外出先などでたまに利用する分にはおすすめ

外出先でも手軽に手に入るコンビニスムージーですが、糖質やコスパを考えると、続けていくのはちょっと難しそう…。しかも、腹持ちもイマイチなので置き換えダイエットにも不向きですね。ダイエット目的ではない場合は(小腹満たしや気分転換など)、糖質にさえ気をつければ野菜もたっぷり使われているのでヘルシーでおすすめ!

このページを見てる人に
おすすめのページ

サイトTOPへ!

Page Top

Page Top

飲み比べ結果1位の
粉末スムージーを見る